島旅の魅力
goto

国境の島

対馬
九州と韓国の間に位置する対馬は、九州より韓国のほうがずっと近い。
古代から朝鮮半島や中国と日本との架け橋となってきた島だけに、歴史的な遺産が豊富。雄大な自然の魅力も満喫できる。
信仰・歴史
国境に位置する
歴史遺産の宝庫

国防の最前線として、歴史上でも重要だった対馬には、歴史遺産や民俗資料が数多く残っている。観光スポットにも事欠かない。

福岡から約138㎞なのに対し、韓国までは約50㎞。古代から大陸との中継点として歴史の舞台に登場してきた対馬。国防の最前線でもあり、明治以降は多数の砲台が築かれて、その遺構の多くが現存している。さらに、神秘的な雰囲気に包まれた古社や対馬藩主だった宗家ゆかりのスポットなど、歴史のロマンに触れられるスポットが数多いことも対馬の魅力だ。

自然
ツシマヤマネコなど
大陸系生物が共存

対馬は地政学的には、かつては大陸や日本と陸続きで、後に孤島になったと考えられている。そのため、ツシマヤマネコなどの特異な種が多く、独自の生態系が形成されている。また、原生林などダイナミックな自然の宝庫でもある。

ツシマサンショウウオなど対馬固有の生物に加えて、ツシマヤマネコなどの大陸系生物や日本本土系生物などが共存する対馬は、独自の生態系の貴重な自然のなかで生物が共存。古代から聖地としてあがめられた山には、手つかずの大自然が太古と同じ姿で現存している。対馬はそんなダイナミックな自然を満喫できる、全国的にも貴重なスポットなのだ。

グルメ
絶品の海の幸やご当地グルメの
魅力もたっぷり

周囲を海に囲まれた島だけに、シーフードの鮮度は抜群だ。対馬では海鮮料理の店でなくても、おいしい鮮魚が食べられる。「対州そば」や「ろくべえ」、「とんちゃん」といった新旧のご当地グルメも楽しもう。

うどん店や居酒屋に入っても、驚くほど美味な鮮魚が食べられるのが対馬の魅力。生魚が苦手という人でも、「対馬の刺身はOK」というほどの鮮度だ。縄文後期に伝来したという原種に近いそばの「対州そば」、プルプル食感が特徴の「ろくべえ」などのグルメも豊富。韓国料理がルーツともされる豚肉料理の「とんちゃん」も対馬のソウルフードだ。

体験
大自然を満喫できる
アクティビティを楽しむ

海と緑に包まれた対馬は、手つかずの大自然がたっぷり。アウトドアを満喫できるアクティビティが充実していることも大きな魅力だ。マリンレジャーからトレッキング、乗馬に至るまで積極的にチャレンジしたい!

海山を中心に、多彩なアウトドア体験が楽しめる対馬。砲台跡を巡るトレッキングも人気だが、定番はやっぱりシーカヤックだろう。日本を代表するリアス式海岸の浅茅湾では、無数の入江と島々があり、冒険心をくすぐるフィールド。これほどシーカヤックに魅力的な海は貴重だ。初心でも楽しめるプログラムも多数用意されている。

島旅の魅力