お知らせInformation

航空法に基づく保安検査の義務化に関するお知らせ

 

平素よりORCをご利用いただき誠にありがとうございます。

 

凶器や危険物の航空機内への持込みは航空法により禁止されています。
また、航空法改正に伴い2022年3月10日から、航空機搭乗前の保安検査の受検が義務化されます。
保安検査を受けずに保安検査場より先に進んだ場合、航空法違反となり、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられる場合があります。航空機ご搭乗の際は、保安検査員や関係職員の指示に従い、保安検査を受検頂きますよう、お願い申し上げます。

また、国土交通省航空局からの指示により、2019年9月13日から、航空機へのテロ対策の一環として、航空機搭乗前の上着検査、靴検査、爆発物検査を強化しております。
検査の強化に伴い、保安検査に時間を要することもございますので、余裕を持って空港にお越しいただくようお願いいたします。

 

国土交通省航空局「航空機搭乗前の保安検査を受けるにあたっての注意事項について」

 

保安検査の強化を周知するポスター