HOME > 長崎世界三大夜景 with 葉加瀬太郎

長崎世界三大夜景 with 葉加瀬太郎

長崎世界三大夜景 with 葉加瀬太郎

【長崎世界新三大夜景 with 葉加瀬太郎】

 

長崎世界新三大夜景テーマ曲『長崎夜曲』(作曲:葉加瀬太郎)のご紹介。

 

2012年10月5日に長崎ブリックホールで開催された『夜景サミット2012 in 長崎』において、香港、モナコ、長崎の3都市が世界を代表する夜景都市『世界新三大夜景』都市として認定されました。

認定は『夜景サミット』の主催者でもあり、日本最大のネットワークを誇る一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューローの会員『夜景観賞士』3,500人へのアンケートを交えた、厳正な審査によるものとのことであり、長崎のすり鉢状の地形が生み出す立体的な夜景、稲佐山・鍋冠山・風頭公園など多方向からの俯瞰的な夜景の美しさなどが、きわめて高い評価を得たとのことです。

この『世界新三大夜景』認定を契機とし、『長崎夜景』が持つ魅力、美しさを広く国内外へ発信していきます。

 

その一つとして、長崎商工会議所や長崎市などでつくるプロモーション実行委員会が、長崎の夜景をテーマにした曲作りを、葉加瀬太郎さんに依頼しました。

 

斜面にともる家々の明かりをイメージして、温かさと懐かしさが伝わるように作ったという葉加瀬太郎さん。

⇒『長崎夜曲』のご視聴はコチラ

 (※映像提供:長崎新聞社)

 

 

<葉加瀬太郎 ~プロフィール~ >

1990年 KRYZLER&KOMPANYのヴァイオリニストとしてデビュー。セリーヌ・ディオンとの共演で一躍、世界的存在となる。'96年解散後はソロとなり、国境やジャンルを越えオリジナリティに富んだ独自の世界観を創りだす。'02年自身が音楽総監督を勤める「アーティスト自身が自由に創作できるレーベル」 “HATS”を設立。'03年よりプロデューサーとしても本格的に活動。“HATS”に於けるアーティストプロデュースやハウステンボスのイベント、大阪ミナミの「なんばパークス」などを総合的にプロデュース。また、「テレビ朝日開局45周年記念ドラマ '流転の王妃 最後の皇弟'」の全音楽を担当。「中島美嘉ビューティフルライヴ」のトータルプロデュース。全世界で大人気のロールプレイングゲームPS2「ファイナル ファンタジーXII」のメインテーマ曲を担当するなどプロデューサーとしても幅広く活躍し、J-WAVE「ANA WORLD AIR CURRENT」のパーソナリティや個展を開く画家としての顔も持っている。毎年恒例となっている自身の全国コンサートツアーや、夏の野外イベント、イマージュの全国ツアーなどを含め、年間100公演にも及ぶ。

 

【貸切遊覧・チャーター】(ORC)

 

長崎世界新三大夜景を上空からお楽しみいただける『貸切遊覧クルーズ』も受付中。

⇒詳しくはコチラ