【ORC創立60周年記念】 ORCとの思い出写真募集 結果発表!

ORC創立60周年を記念いたしまして、設立から現在にいたるまでの、「長崎航空」や「ORC」との思い出の写真を皆様から募集し、一緒に振り返るという本企画に、多くのご応募をいただき、ありがとうございました。

厳正な審査の結果、入賞作品が決定いたしました。見事入賞を果たされた作品をここに発表いたします!

(画像をクリックすると拡大します。ぜひご覧ください!)

最優秀賞

 

浦川様

この日は学校を休んで、父のカメラを借りて駆け付けたのを思い出します。壱岐に飛行機が飛び交うんだ、すごい事だと興奮しながらシャッターを切りました。その後、あらゆる機会にDC-8を主にお世話になり、そのシーンは数え切れないほどです。

ORC賞

 

望月様
今回のチケットは、病気の母を連れて上五島空港から大村へ初飛行!!母との最後の思い出だったので、大切に手元に残し、持っていました。
怖くて緊張の30分の飛行時間、肩がひどく凝ったのも思い出の一つです。

キノコタケノコ様

・小値賀の自然とお寿司で満喫しました。

・福江空港でORCカウンターがあるとは思いませんでした!!

・イラストではない実写での昔ながらの救命胴衣着用方法

 

 

立山様

JAの広報担当をしていた20年前にボンバルディア式DHC-8-201型をバックに広報誌の写真を撮らせていただきました。普段、乗客以外は近寄ることもできない所まで入れていただき撮影させてもらいました。勝本町の子供たちでしたが、3人とも大喜びではしゃいでいたことを思い出します。このJA広報誌は当時、発行部数が5,500部あり、発行直後は「すごい写真が撮れたね、子供たちの笑顔が最高」という声を多くいただきました。私自身もこれだけ多くの方々に観ていただいたのだと嬉しく思いました。当時はフィルム式のネガであったため現物は残っておりません。

特別賞

ダイキンマン様

令和3年3月。突然の事例で壱岐に転勤が決定。妻と1歳になる娘を残し、単身赴任で行くことに…。ORC初搭乗の写真です。3年間家族のために頑張るぞと気合を入れた時でした。長崎と壱岐を結ぶORC。これかもたくさんお世話になります。

みーこ様

兄ちゃん姉ちゃんに遅れをとってしまったため、早く追いついて乗ろうと一生懸命走る弟。

お気に入りの1枚です。

ヤッタラン様

夫婦で年に数回、飛行機写真撮影で全国を訪れています。この写真は2016年12月、大村市内より着陸する直前を撮影しました。大村湾の対岸まできれいに見渡せ、またいつか必ず訪れたいと思っております。

TENKOZOU様

対馬で生まれた三女が初めて飛行機に乗りました。その時のORC機内でのひとコマです。対馬空港での見学会でORCの飛行機を間近に見られました。子供たちも大喜びでした。

 

 

 

勝俣様

長崎空港での撮影です.

夕日を浴びて輝きながらのスポットインする姿が印象的で,気に入っている写真です.

こじー様

五島福江空港にて撮影 2020年10月20日14時頃撮影。長崎から到着した写真です。

撮影当日、新型コロナウィルスの影響で乗客が少ない状況でした。しかし、社員の皆さんは新型コロナウィルスに負けない笑顔で接客されておりました。

おむらんちゃん様
ORCカウンターは、本社長崎空港って感じです!!

飛行機娘様
待っている人々の元へ羽ばたく姿を美しく、カッコよく残したいと思い撮影したものです。
世界で1番カッコイイORCです!

 

わらじの娘様

人口より牛が多い小値賀町で海の幸を堪能しました。

河村様

2枚とも福岡空港で撮影したものですが、1枚は、ファイナルアプローチの機体を空と一緒に、もう1枚は離陸のため滑走路に向かいタキシング中を撮影したものです。

 

りょうちん様

2度目の搭乗☆もう怖くないよ(^^♪横断歩道は手をあげて!

まめぞー様

1歳半で初めて飛行機に乗り、3歳の頃にはもう毎週土日の度に五島福江空港に通うくらい飛行機が好きになっていました。絵を描いても飛行機ばかり描いています。

 

みどりがめ様

ほぼ毎週のように子供たちと飛行機が見られる場所を探しまわって9年目になりました。昨日、アルバムを見返し5年前の写真をみて息子の飛行機を大好きな気持ちが伝わってくるし、成長を感じました。これからも飛行機見に行きますね。

maki様

福江島へ撮影に。

山口様

長崎空港「空の日」のイベント、遊覧飛行時のスナップ